モチベーションがあがらない!そんな毎日を打破する方法

春らしい暖かさになってきました。人はあたたかくなると、いつもより眠くなりやすくなるそうです。新年に立てた目標もどこ吹く風?やる気スイッチを探している人も多いのではないでしょうか。

特に新年会で友人に会うと、結婚して新妻になっている人、働き盛りでバリバリ仕事をこなしている人、昇格した人、様々なタイプの会話で盛り上がり、時に「私なんて…」と考えてしまう事もありますよね。

隣の芝は青く見えるもの。頭では分かっていても、職場に向かう足が一歩ずつ重くなっている人は必見です!モチベーションを上げる方法を見につければ、ちょっとずつ目の前が明るくなりますよ。

自力でモチベーションを上げる方法を見つけて、今より楽しいワークライフを送りましょう!

 

頭で考えすぎないで

 

モチベーションが上がらない時は、当然すぐ行動的になる事なんて出来ませんよね。でも実は、想像以上に自分の頭の中が忙しい状況になっているのです。

「これをやったらあれをやって、次はこうやってこれもやって。」など、頭の中で仕事のタスクを考えれば考えるほど「面倒くさい」という気持ちに負けてしまうのです。

そんな状況を打破するには「まずやってみる!」ということ。モチベーションが上がらないのに、やってみよう!だなんて気になれない…と思いますよね。でも不思議なことに、とりあえずやってみると小さな目標をクリアする連鎖が始まり、自然とモチベーションが上がってくるのです。

1番難しいのは、動き始めを乗り越えること。例えばボートに乗る時のように、最初の力を踏ん張れば、後はスーっと波がゆるやかに誘導してくれます。

 

ご褒美をあげよう

 

お昼休みの後は、帰宅まで長い時間が待っています。集中力が途切れてしまったら、時間を区切って自分自身にご褒美を用意しましょう。

15時までにこの仕事が終わればチョコレート1個。30分で目標達成できたら仮眠する。といった風に嬉しい出来事をたくさん作り、自分自身をマネジメントしていくのです。

仮眠を取るにもいきなりだと多少の罪悪感が生まれてしまうもの。でも、何かを成し遂げた後のご褒美なら気持ち良く実行できますよね。

 

 

 

根拠がなくても自信をつけよう

 

1日の中で上司や同僚に褒められる機会はどのくらいあるでしょうか。

1週間の単位で考えたとしても、数える程度の時もありますよね。モチベーションにはポジティブな言葉という餌がたくさん必要なのです。職場であまり褒められる事が少ない人は、自信がつきにくいもの。

そんな時は、どんな事でも自信にしてしまう癖をつけましょう。

私はできる!凄い!魅力的だ!この仕事が天職だ!皆から認められている!私を採用して良かったでしょ!

根拠はいりません。その自信があなたの輝きを強めてくれるエッセンスとなるのです。

すると自信満々な気持ちになり、モチベーションも味方してくれるでしょう。

 

 

 

 

断捨離をはじめる

 

一昔前にブームとなった断捨離。部屋がキレイになるだけでなく、気持ちや考え方もスッキリするということで雑誌の特集に組まれるほどになりました。

あれこれ余計な事を考えてしまう時は、断捨離をして身の回りの整理をしましょう。

まずは物理的な所から、デスク周りの整理を始める事をおすすめします。気づけば1年以上使っていない物に溢れていませんか。引き出しの中は空っぽなのに、デスクの上はごちゃごちゃしてたり。使わなそうな物は、思い切って捨ててしまいましょう!

そして次に、人間関係や行動の整理です。

誰かの目を気にして行きたくないお誘いを断れない金曜日、お手洗いのお喋りに付き合ってしまう休み時間、目的のないネットサーフィン。これらもモチベーションには悪影響になっているのです。

勇気を持って整理整頓をすると、明日から新しい何かが生まれるかもしれません。

 

 

 


まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

モチベーションが上がれば、憂鬱な毎日を楽しい時間に変化させる事ができます。

少しの勇気や新しい気づきで、仕事が楽しくなったら嬉しいですよね。

どうせなら働く時間も有意義に過ごした方がお得!

是非明日から挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です