いつまでも美しくありたい!働く女性の女子力をあげる方法

女子力、磨いていますか?

オジサマ、オバサマが多い職場で、周りはおしゃれもお化粧にも無頓着。入社当初はがんばっていたけれど、職場で誰も見てるわけでもないので、ネイルをするのをやめ、髪を巻くのをやめ、気がつけば女子力は気にしなくなった。
そもそも、仕事が忙しく、女子力なんて二の次。

そんな女性いませんか?

ウィキペディアによると「女子力」とは、輝いた生き方をしている女子が持つ力であり、自らの生き方や自らの綺麗さやセンスの良さを目立たせて自身の存在を示す力。男性または女性からチヤホヤされる力。とのこと。力強さを感じますよね。

職場でいきなり女をアピールするのは気が引けるというあなた、周りに気がつかれないよう女子力UPさせる方法教えます!!

オフィスに最適な女子力

日経WOMANの読者アンケートによると「私って『”オス化”しているかも・・・』と思う瞬間がある」人はなんと7割以上!

「バリバリと働いているので、メイクやファッションにかける時間がない。」
「ファッションは着心地の楽さや効率性重視。」
「男性の中で働いているので、女性の部分を出すとなめられるので、職場では笑顔も弱音も吐けない。」

この状況は、企業で女性が働くことは一般化したものの、第一線で働くには、結局男性並みのハードワークが要求されているからかもしれません。しかし、バリバリと働きたいからといって、女性ならではの美意識を捨てることはありません。女性が備えている感性が活かされる働き方もあります。例えば、インテリアコーディネーター。色彩感覚が男性より優れている上、コミュニケーション能力も優れているので向いています。

しかし転職を考えていなく、女子力をあげたければ、何をすればいいでしょうか?
まずは外見からと、でか目メイク、派手なネイル、流行最先端の服装で出勤するのはNGです。オフィスには最適な女子力があります。それは気配り力です。

女性には元来、感じて察する力が男性よりもあります。
職場で元気のない時、落ち込んでいる時に声をかけられたら誰でも嬉しいはず。
また、仕事上のギスギスした空気も、明るく声をかける、同調する、女性のそんなちょっとした気配りで変わります。いくら外見を着飾っていても、気配りができなければ女子力が高いとは思いませんよね。内面から溢れ出る女子力はオフィスで好印象を与えるでしょう。

また、女性は感じたことを素直に、表情や言葉で表現することも得意です。女性のそういった瞬間に出る「かわいい~!すごい~~!」という発言はビジネス現場を明るく活性化します。そういう空気の中で商品開発や、消費者の心をつかむ発想が生まれやすくなります。

オフィスで重宝される女子力、ぜひ実践してくださいね。

働き女子のための女子力UP作戦

かといって、この時代。「男子力」という言葉は存在しないのに、「女子力」だけ問われるのは性差別だという意見もあります。他者から揶揄される「女子力」には悪意を感じますが、自分が目指す「女子力」は自身が感じる美意識の表れと捉えましょう。

オフィスで最適な女子力は気配り力だとすると、自分磨きの女子力はなんでしょう?
ストイックに美を追求する時間と余裕がない働く女性のために、今すぐ実践できる女子力UP作戦を立てました!

①保湿をする

パソコンを打つ、紙を触る、洗う。手はいつも酷使されています。
乾燥してガサガサ、シワシワになっていませんか。ハンドクリームをこまめに塗ってケアしてください。おススメは、テンションが上がる、見た目の可愛い、いい香りのするもの。
電話をしながら、PC画面をみながら、いつでも手に取れるようデスクにちょこんと置いてくださいね。

冬の乾燥は終わっても、紫外線が強くなる季節。顔の保湿も引き続きケアしてください。放っておくと、後戻りができないシワになってしまいます。顔も保湿スプレーでケアしましょう。たっぷりの保湿で思わず触れたくなる素肌、手に入れましょうね。

②姿勢を気にする

PCにスマホ。気がついたら猫背になっていませんか。頭の天辺から紐で引っ張られているように首を伸ばし、肩甲骨を広げ下に、おへその下の丹田に軽く力を入れる。こうやって姿勢を正すだけでスタイル良く見せますし、筋肉を使うのでダイエット効果もあります。姿勢がいい女性は歩いていても、カフェにいてもかっこよく、仕事ができる女って雰囲気ですよね。

③椅子を変える

今、使用している椅子は正しい位置で座れていますか?
猫背、前肩、お尻の前滑り、脚を組むなどの座り方は骨盤のゆがみ、腰痛、肩こりの原因です。
骨盤を立てて、椅子に深く腰をかけ、L字になる正しい姿勢で座るよう意識しましょう。それだけで女性が気になる下腹部の引き締めにも効果があります。
もしまたすぐにだらしがない座り方になるようでしたら、あなたのその椅子が悪いかもしれません。一日何時間も座り続ける椅子。正しい姿勢で座れる椅子に変えてみませんか?

④座りながらできるエクササイズ

憧れのボディを手にいれるために、オフィスでこっそりとできるエクササイズはいかがでしょうか?
まずは、小顔を目指すあなたに!ツボを押すことで筋肉が刺激されて血行が良くなり、むくみが解消されて、すっきり輪郭になりますよ。
エラの1cmくらい下にある頬車や、顎の真下の凹んだ部分にある上廉泉をゆっくり1分ほど押すだけ。

ふくらはぎシェイプにはかかとの上げ下げがGOOD。椅子に正しく腰をかけ、かかとに重心を置き、つま先を上げ、5秒キープ。次につま先に重心を置き、かかとを上げ5秒キープ。これを20回繰り返します。 ふくらはぎが引き締まり、ヒールの靴が似合う脚を目指しましょう。

これからの季節、二の腕のたるみも気になりますよね。それには腕を伸ばして後ろ向きにバイバイするのが効果的です。腕を伸ばして、肘を曲げずに肩甲骨を寄せます。それから後ろにいる人にバイバイするように手首を左右にひねります。二の腕と肩甲骨を意識すると、効いているのがわかります。

⑤ランチを見直す

美と健康のためにランチ見直してみませんか?忙しいからと、会社のデスクでコンビニで買ってきた菓子パンやおやつをランチ代わりにしていては健康的ではありませんよね。美味しいランチとその時間は午後からの仕事のモチベーションにも繋がります。女子力UPのためにも満足度の高いメニューを選びましょう。

外食の際は量より質で選びましょう。
外食はカロリーが高い揚げ物や油物が並んでいます。
選ぶポイントは野菜などの品数が多いものを選ぶことと、可能であれば全体量を減らしてもらうこと。
定食なら、一汁三菜というようにバランスが取れているので安心です。主菜にとんかつなどの揚げ物より、豚のしょうが焼きを選ぶだけで約200カロリー少なくなります。
パスタは具の多い物を選ぶと、噛み応えがあるので満足度UP。
ハンバーガーはフライドフィッシュより照り焼きチキン、副菜はフライドポテトよりサラダをセレクトしましょう。

中食、つまりテイクアウトやお店で買ってきたものを食べる場合も同様です。
基本は一汁三菜であることを忘れずに、品数が多くなるようセレクトしてください。コンビニ弁当は丼物より、幕の内弁当。宅配ピザはマヨネーズが多い物は避け、ウィンナーよりたんぱく質豊富なシーフードをチョイス。パンはバターをたっぷり使ったクロワッサンやデニッシュより、ライ麦パンやフランスパンの方が低カロリーで噛み応えもあるので、満足度が高いです。

仕事合間のランチタイムは、女性にとって楽しい時間ですよね。職場の仲間と時間を合わせておしゃべりしたり、次はこの店に行こうと計画したり。そして、栄養バランスの取れたランチは彩りもよく、見た目がきれいなので、それだけで女子力が上がります。ダイエットして、ランチを我慢するよりも、賢く選んで、美味しく食べた方が午後からの仕事もがんばれますよね。

 

まとめ

仕事が忙しいのを言い訳に美意識を忘れないよう、働きながら女子力を上げる方法を紹介しました。どれも簡単で、ちょこっと意識するだけで実践できるものばかり。今年こそ女子力を上げて外見、内面ともに美しくなりましょう。

 

小栗まゆみ