エコシステムと女性活躍

「エコシステム」って聞いたことがありますか?

最近、耳にするけれども、あまりよくわかっていない人が多いのではないでしょうか。

インターネットが世の中に浸透し、社会全体を変えています。

企業は今まで通りの仕事のやり方では成り立たず、常に新しいビジネスモデルを探しています。

そこで生まれたのが、エコシステムという考え方です。

あまり自分には関係ないと思いましたか?実はこれ、女性こそ自身が活かせるフィールドなのです。

これからのビジネスで必要不可欠になるエコシステムを理解し、ぜひ仕事に活かしてください。


「エコシステム」って何?

生態系という意味の言葉でもあるが、ビジネスの分野では、複数の企業がパートナーを組み、お互いの技術や資本を活かしながら、共に利益を上げる仕組みをエコシステムと言います。

エコシステムが出現した背景には、1990年代から急速に発展したICT(Information and Communication Technology)にあります。

テクノロジーの発展とともに、グローバル化が急速に進み、企業は今まで通りのビジネスでは競争できなくなりました。しかし、自ら新しいビジネスモデルを作り出すには多くの時間と多額の資金が必要です。

そこで、自社で足りないところを補うため、その部分に秀でている業種や業界を越えた企業と手を組むようになったのです。

これがエコシステムの始まりです。

エコシステム事例

1、Apple

iPhoneやiPad、使っている人多いのではないでしょうか。

いわずと知れたiPhoneの会社、Apple社もエコシステムで成り立っています。

 

iMac、MacBook、iPhone、iPad、iTunesなど、製品群、端末、アプリ、それら全てはAppleが中心となり、エコシステムを形成しています。

 

例えばiPhoneでは、CPU、チップ、カメラ、ディスプレイ、バッテリー、組み立て、販売など多くの企業が携わっています。

iPhoneは単なる電話としてではなく、PCにもなり、カメラとして、iTunes、iBooksなど、ゲーム、映画、音楽、本などエンターテイメントを供給する媒体として、AppleTVにおいてはリモコンにもなります。

これが電話機本体のみの製造では、本体の販売だけの売り上げしかないでしょう。

しかし、Appleはアプリ、iTunes、iCloudsなど全てが繋がっており、一度その世界にはまると抜け出せにくくなるシステムを作り出しているのです。それがAppleの生み出しているエコシステムです。

2、Facebook

SNSの代表ともいえるFacebookもエコシステムを作っています。

友達の近況がわかったり、誕生日にメッセージを送ったりする以外に、Facebookの目的とは、実はマーケティング広告販売です。

友達がいいね!を押している商品やイベント、サービスって気になりますよね。単なる宣伝とは違い、友達が興味を持っているモノ、コトには2倍の宣伝効果があると言われています。

Facebookはこうしたマーケティングを効果的、効率的に進めるために、エコシステムが機能することが重要だとしています。

それは「Build=つくる」「Engage=関わりあう」「Amplify=拡充する」の3つの要素を循環させることです。

 

「Build=つくる」まずFacebookのページをつくります。自社のブランド、商品を知ってもらうには、どのように見せたら受け入れてもらえるか考えます。

「Engage=関わりあう」ページを見たり、気に入ってくれたユーザーと直接的にコミュニケーションを取ります。

「Amplify=拡充する」ページをつくり、関わりあったら、その周りの友人へファンの規模を拡充することができます。

 

以上の3つは循環し、より大きなサイクルに成長します。

エコシステムこと、このサイクルを理解することで、タイミングよく広告することができ、より効果的、効率的に宣伝することができるということです。

私たちが思わずクリックしてしまうページも、こちらの心理を活かした宣伝方法なんですね。

3、リクルート「AirREGI」

Airレジは、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリです。必要なのは、iPadまたはiPhoneとインターネット環境だけ。誰もがいますぐに使い始められます。(リクルートライフスタイルより)

Airレジはリクルートが2013年にリリースし、わずか一年で導入店舗が10万を越え、急成長をしているシステムです。

最近、街で買い物、美容院などでレジを見かけること減ったと思いませんか?カードのサインも電子版になりましたよね。(あれ、綺麗に字を書くの難しいですよね!?)

飲食店、美容院、ショップなどのレジをiPadやiPhoneのアプリでできるようにし、通常の会計業務を簡単にしたものがAirレジです。

 

通常、POSレジは導入するのに数十万もかかります。しかし、Airレジはネットに繋がるiPadを持っていれば、会計や売上分析など、基本的なレジ機能が初期費用、月額費用も無料でできるのです。

離れた場所でも売上管理、在庫管理ができるので、本部で管理し、ショップのレジ締めの作業は簡単になります。その分、早く帰れたり、お客様への接客の時間が増え、売り上げUP!なんてことが見込めそうです。

 

リクルートは、「ホットペーパーグルメ」「ホットペーパービューティー」などの媒体を持っており、商店、店舗との繋がりを持っています。それらの媒体でAirレジ導入店舗に行くとこんなサービスが受けられますなどと誘導ができるのがリクルートの強みです。

 

例えば、行列のできるAirレジを導入しているレストランの待ち時間に、同じくAirレジ導入の近くのリフレクソロジーの脚マッサージを受けると、レストランのデザートを無料でサービスしてくれる、といった具合です。

このようにAirレジの店、お客様、他ショップとのWINWINの関係を作っている点も、レジ業界参入のライバルに大きく差をつけている要因です。 

 

リクルートの作り出す世界、これもエコシステムと言えるのではないでしょうか。

出展・https://airregi.jp/

 

女性活躍とエコシステムの関係

エコシステムを作り、広めていくのは中核となる企業が必要です。

どの範囲を自社が行い、その他の範囲をどの企業に任せるか、そして、どのようにシステム構築するかをブレーンが中心となり、エコシステムを形成していきます。

中核となる人物は、物事を冷静に見る力、時代の流れを読む力があるだけではなく、周りを巻き込むことができる情熱が必要です。そして、ビジョンを伝える説得力も不可欠です。

 

ここに女性の力が活かせるのです。

 

女性は幅広い視野を持ち、マルチタスクに優れています。

常にアンテナを立て、周りの様子に気づくことができるのです。

これは、パートナー企業が複数いるエコシステムにおいて、特に重宝される能力です。

 

男性では気がつかない、相手の対応の違和感、笑顔の下の顔色、言葉の裏の要求などを細かく感じることができるので、相手に信頼され、いい関係を築くことができるでしょう。

 

また、女性はコミュニケーション能力に優れています。

確かに女性はおしゃべりが大好きですよね。聞く力に優れ、会話のキャッチボールができ、相手に安心感を与えることができるのです。

個人での活動と違うエコシステムでは、常にパートナーシップとの連携が求められます。

コミュニケーション能力が高い女性は、よりこちらのビジョンが効果的に伝えられるでしょう。

 


まとめ

 

これからの時代、多くの企業が手を取り合い、エコシステムはますます活発になり、スタンダードなビジネスとなります。

そしてこのエコシステムは女性がさらに輝いて働けるフィールドです。

ぜひ、自分の力を存分に発揮してくださいね。